電事レンジ内の汚れは、重曹や酢などで綺麗に落とすことができます。こびりつかないようにこまめな掃除が一番です。

電事レンジをあっという間に綺麗にする方法

電事レンジの中を簡単に綺麗にする方法

電事レンジをあっという間に綺麗にする方法 電事レンジの内側は飛び散った汚れが乾いてくっついています。普段使うことが多いわりに掃除をしない人が多いので、覗いてみるとビックリするぐらい茶色いとび汁や油、焦げ跡で汚れていることもあります。そんな時にはお水をレンジで温めて、湿気を充満させた状態をしばらく保ちます。それから湿らせた布でふくと、湿気でふやけた汚れが綺麗に落ちます。温めるお湯には重曹をいれると臭いも取れて効果が増します。落ちにくい場合は重曹をペースト状にしてこすると良いです。酢を薄めた水でも効果があります。重曹は弱アルカリ性で、膨らし粉として食べることもある安全性の高いものです。気になる場合は仕上げにクエン酸をスプレーするとアルカリを中和することができます。クエン酸には殺菌力があり、飲み物や化粧品に使われている安心な物質です。

それでも落ちない汚れには、重曹と石鹸を混ぜてペースト状にしたものをハブラシで磨くとキレイになります。傷つくのが気になる場合は、乾燥しないようにラップを貼って数時間放置したあとにふき取る方法もあります。このペーストは換気扇やコンロの焼け焦げ、グリルの焦げなど頑固な汚れにも使えます。レンジの中を綺麗に保ちたいなら、汚れが頑固になる前にこまめにふき取るのが一番効果的です。


Copyright(c) 2017 電事レンジをあっという間に綺麗にする方法 All Rights Reserved.